ベース色がビリジアンで凸文字に緋色釉で立体感を演出します。k173 ,k174

レリーフ模様の陶板表札の文字と模様を際立たせるために、ベース色を濃い緑色のビリジアンを用いて、
表面に緋色釉を吹付ます。

その後に、凸部だけ緋色釉を取り除いて焼き上げます。
どのご注文でも同じような発色で焼きあがるように努めてはいますが、なかなか
同じ色合いには焼きあがりません。

それぞれのご注文の制作過程を写真に撮影し、緋色釉の施す分量と、凸部の除去量を記録して
再現できるように努めます。

PAGE TOP